セサミンで更年期障害の予防と症状改善を!

セサミンで更年期障害の予防と症状改善を!

人間、誰でも歳をとります。
そして年をとるにつれて身体機能がおちてさまざまな症状が現れるようになります。
そのひとつがホルモンバランスが崩れることによっておこる更年期障害です。
更年期障害は動悸が激しくなったり、体温が上昇するなど、さまざまな体調不良を起こします。

更年期障害は女性の場合50歳くらいから、男性の場合は40歳くらいから発症するものですが、最近は20代でも発症する場合があり、悩ましい問題となっています。
更年期障害は、女性の場合動悸が激しくなったり、体温が上昇したり、腰痛や体にしびれを憶えたりといった症状が多く現れますが、人によって症状が異なります。
男性の場合も、うつになるなど精神的な症状のほか性機能が低下するなど様々で、どちらにしても悩ましい症状が起こるようになるのが更年期障害です。

この更年期障害はホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れることによって発症するため、ホルモン療法などといった治療方法や漢方薬を使う方法、メルスモン注射薬を使う方法などがありますが、セサミンによる予防や症状改善も検討したいものです。

セサミンはゴマなどに含まれている抗酸化成分のひとつです。
体の中で常に作られる活性酸素は、細胞を酸化させ、肌のたるみやくすみといった老化現象や内臓器官の働きの低下といった症状を発症させます。
この細胞の酸化を防ぐのが抗酸化成分セサミンで、セサミンを常に摂取することによって、老化や生活習慣病といった疾患を予防することができます。

そしてセサミンは更年期障害の予防や症状の改善にも有効なのです。
ホルモンの分泌が減少によって低下した身体機能をセサミンによって活性化すれば、更年期障害の症状を予防し、症状の改善にもつながります。

更年期障害は睡眠不足や栄養の偏りといった不規則な生活によっても発症しやすくなるため、セサミンを摂取する場合は、同時に生活スタイルを見直す必要もあります。
十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事をとることなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。