生活習慣病予防にセサミンとセサミノール

生活習慣病予防にセサミンとセサミノール

動脈硬化などの生活習慣病の疾患が問題にされることが多い昨今、それらの病疾患の予防のために注目されているのがセサミン、そしてセサミノールという物質です。
セサミンとセサミノールはゴマに含まれる成分として知っている人も多いでしょう。

老化や動脈硬化などの生活習慣病の疾患の原因のひとつは、活性酸素といわれています。
活性酸素は特別な物質ではなく、常に体の中で作られている物質です。
そして活性酸素は体の中の細胞を酸化しています。
活性酸素が細胞を酸化することによって、体にさまざまな症状が発生していくのです。

そのひとつは肝機能の働きが低下です。
肝機能の低下により肌がくすんだり、たるんだりといった老化の減少が起こります。また活性酸素によって細胞が酸化されることによって生活習慣病の元である悪玉コレステロールが増加します。
その結果、生活習慣病や癌など、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。

つまり、老化や動脈硬化といった生活習慣病の疾患にならないためには、この活性酸素の働きをいかに抑えることが大事になります。
活性酸素の働きを抑えることによって生活習慣病や老化や動脈硬化を予防することもできるのです。

抗酸化成分「ゴマリグナン」は、活性酸素の働きを抑えることができる成分です。
このゴマリグナンにはいくつか種類があり、それがセサミンとセサミノールです。
セサミンやゴマを使った製品のコマーシャルなどでセサミンとセサミノールという単語を聞いたことがある人は多いでしょう。
というのもセサミンとセサミノールはゴマのセサモリンという成分から作られるのです。

ただしゴマ本体には抗酸化成分は少量しか含まれていません。
そのため量を摂取するにはセサミンとセサミノールが多く含まれているサプリメントなどを利用を検討してみましょう。
生活習慣病や老化、動脈硬化などにならないためには、細胞の酸化を防ぐことが大事です。
そのため、毎日セサミンとセサミノールを摂取するようにしましょう。